プリティーシリーズ、プリパラ見るか?プリチャンから見るか?

タイトル元:打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

プリティーシリーズを見終えて

2020年の6月からプリパラに始まり、年末にプリティーリズム・レインボーライブを見終えた。
これによって、ひとまず現行のプリティーシリーズについては網羅したはずだ。
※キンプリについては触れない
※※プリチャンは完結していないが、もう終わるしいいだろう

はじめに、どの作品もそれぞれ素晴らしいところがあったことは言うまでもない
ただ、これからプリティーシリーズを初見で見始めることができる幸運な人に向けて、各作品の特徴とオススメな順番について記録しておく。
別に誰かに見て欲しいとかではなく、単純にプリティーシリーズについて語る場を設けたかっただけでもある。
そして自分が考えた最強の視聴順を発表したいだけだ。

シリーズごとに検討

どれから見るかを考える前に、作品ごとの特徴を記載しておく。

プリティーリズムシリーズ

全3作品
・オーロラドリーム(AD)
・ディアマイフューチャー(DMF)
・レインボーライブ(RL)

プリティーリズムシリーズは共通して、プリズムショーと呼ばれるスケートをしながら歌って踊る
そして踊りながら必殺技を繰り広げる。
誰かを必ず殺す技ではないが、隕石落としたり異空間だったり妄想を繰り広げたりと枚挙に暇がない

また、プリティーリズムシリーズは後発の作品に比べて人間関係について重点が置かれている。
友人・男女・家族についての問題を取り扱い、特に家族関係についてはかなり重い設定が多い。
こういった人間関係のドロドロとした所や、男女間の恋愛模様などを見たい場合はプリティーリズムはオススメできる。

プリティーリズムシリーズを見るうえで注意が必要なのは時系列である。
オーロラドリームとディアマイフューチャーは直接的につながった作品だがレインボーライブは世界観こそ共通だが人物は一新されている。

そのためプリティーリズムを見る場合は、以下のどちらかの順番で見ることをお勧めする。
1. オーロラドリーム→ディアマイフューチャー→レインボーライブ
2. レインボーライブ→オーロラドリーム→ディアマイフューチャー

1,2どちらの順番で見るのが良いかについてだが、
作品は時系列的に見て、作品が成熟していくところを見たい場合は1の順番を進める
作画やCGの綺麗さ、人間関係の重さ(昼ドラ的な展開)を重要視するのであれば2の順番が良い

決してディアマイフューチャーを最初に見ることがないようにしていただきたい。
つまらないわけでないが、もうちょいどうにかできなかったの感しかない作品故に、最初に見てこんなものかと思われるのは悲しいところである。

ちなみに私はレインボーライブが一番好きです。
男キャラの魅力、CGの綺麗さ、りんねちゃんのかわいさ、重い設定と魅力が詰まっている。

プリパラシリーズ

全2作品

・プリパラ(Season1~3)
・アイドルタイムプリパラ

プリパラは、アイドル物だ
プリパラという誰でもアイドルになることができる異空間に行って、アイドルとしてライブをしながら神アイドルを目指していくことになる。

プリパラシリーズについては、アイドル物という枠組みとしてだけでなく深夜アニメ的な狂気を含んだギャグが特徴だ。
監督である森脇真琴はミルキィホームズの監督を務めており、大体察しがつくだろう。

楽曲もアイドル物なので、アイドル的なかわいらしい曲や頭いかれてるんじゃねえかと思うような曲までかなり幅広く曲数もかなり多い
その上で、プリティーリズムから更に進化した美麗なCGで踊る姿は圧巻

アイドル物としても完成度が高く、天才と凡人の差やトップに上り詰めるまでの苦悩なども良く描かれている。
1シリーズが3年(全140話)とかなり長く放送されているため、キャラクターに対しての掘り下げもかなりされているので、その間にキャラクターに対する思い入れもできてくることでより一層アイドル物として応援をさせるような作りになっている。

さて、見る順番についてだが、プリパラシリーズは明確に時系列がプリパラ→アイドルタイムプリパラとなっているため否が応でもプリパラから見始めることになる。
というか、それ以外の選択肢はないだろう。

兎にも角にも、主人公である真中らぁらちゃんが絶対的な主人公すぎて、これから先この子を超えるアイドル物の主人公が出てくるとは思えなくなっている。
そんな真中らぁらちゃんを見るために君もプリパラシリーズを見よう。

キラっとプリ☆チャン

全1作品

・キラっとプリ☆チャン(Season1~3)

キラッとプリ☆チャンはyoutuberを題材にしている

プリ☆チャンという動画サイトでトップアイドルになるためにやってみた動画をあげたり、ライブをしたりしている。
最近の流行を取り入れてVTuber的なキャラクターが出たり、動画投稿者のネタに対する貪欲さとかがあったりと昨今の文化に興味があれば楽しめるかもしれない。

作風としては全体的に毒のあまりない作りで、良く言えば朝アニメとして子供が楽しめる作品であり、悪く言うと面白みのない作品
もちろん、脚本・演出などプリパラにもかかわっているスタッフもいるのでプリパラにあった狂気的な一面も一部あるが、それでも薄まっていることは否めない。

プリチャンについては順番も何も1作品なので考慮する必要がない。
ただし、見るのであればSeason2までは是非とも見てもらいたい。
Season2の虹ヶ咲さん関連の話は最高でした。

どれから見るか真剣に考えてみる

さて、ここまでシリーズ毎に考えてみたが本格的にどれから見るべきかを考えてみる。

人間ドラマこそが至高 or 時系列で見たい

プリティーシリーズ(AD→DMF→RL) → プリパラシリーズ → キラっとプリ☆チャン

かわいい女の子が見たいんだもん

キラっとプリ☆チャン → プリパラシリーズ → プリティーシリーズ(RL→AD→DMF)

面白い順に見るのが正解だよね

プリパラ → RL → キラっとプリ☆チャン → アイドルタイム → AD → DMF

男の子が見たいんです

RL → キンプリ → プリパラ

プリパラこそが至高

(1) → プリパラ → アイドルタイムプリパラ → (1)へ

結論

プリパラを見ろ

コメント

タイトルとURLをコピーしました
Close Bitnami banner
Bitnami